住宅ローンの審査になかなか通らない人がいるのはなぜでしょうか

自宅を購入する場合、多くの人は住宅ローンを組んで、お金を借り入れした上で購入することになります。

ローンを希望する人の中には、審査でOKが出ないために住宅ローンが組めない人がいます。

ブラックリストに入っている人は、住宅ローンの審査を受けても、金融会社からの融資は認められないようです。

ブラックリストとは実在する人名帳のことではなく、信用情報会社に記録されている情報の内容によって、こういう言い方をします。

この情報は、クレジットカードの返済、あるいはカードローンの返済が滞った場合に登録されるようになっています。

返済不能状態に陥って、債務整理をしたという人も、該当します。

通常は5年、自己破産をした場合は、銀行系の信用情報には10年間登録されるようになっています。

貸し倒れリスクを防ぐため、銀行などは、自己破産や延滞をした経験がある人への融資は断っています。

住宅ローンの審査では、これ以外にも、現時点で他のキャッシング会社から多額の融資を受けている人は、不利になると言われています。

派遣社員や、アルバイト、勤続年数が少ない人なども、信用能力が足りないものと判断されます。

勤続年数が短いとか、年収の基準を満たしていない場合も、審査のクリアは難しいと考えられます。

貸したお金を確実に返してくれる顧客かどうかを見極めるために、金融会社は審査を行っていますので、不安要素があると審査では不利になるのです。

住宅ローンの審査になかなか通らない人がいるのはなぜでしょうか